バーディの“危険タックル”を受けたDFがコメント 何を言った?[映像アリ]

一発退場を命じられたバーディ photo/Getty Images

両者の間にわだかまりは......

現地時間18日にプレミアリーグの第2節が行われ、レスターがウルヴァーハンプトンに2-0で勝利した。

レスターが2点をリードして迎えた66分。FWジェイミー・バーディ(レスター)がタックルに及んだところ、同選手の足が相手DFマット・ドハーティの足に直撃。相手にシューズの突起部分を見せたバーディのプレイが危険な行為とみなされ、同選手は主審よりレッドカードを提示された。一方の負傷交代を余儀なくされたドハーティは試合後、バーディより謝罪を受けたことを告白。重傷を免れたことも併せて明かした。英『Leicester Mercury』が伝えている。

「僕は大丈夫だよ。少しスパイクの痕がついたけどね。僕の足が地面から離れていたのが幸いだった。もし足が地面についていたら、もっと酷いことになっていただろうね。彼(バーディ)は試合後に僕のところに来てくれて、僕の安否を気にかけてくれた。『僕は大丈夫だし、君のことを悪く思っていない』と伝えたし、謝罪もしてくれたから、もうこの件について問題はないよ」

謝罪に訪れたバーディに対し、寛大な対応を見せたドハーティ。両者の間にわだかまりが残ることはなさそうだ。




参照元:Twitter


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.231 大接戦のプレミア&ブンデスを制するのはどっちだ?
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ