ボヌッチを失ったミラン 気になる不在時の戦績は……

ユヴェントスへの復帰が決まったボヌッチ photo/Getty Images

守備の再建が急務に

ユヴェントスは2日、ミランからDFレオナルド・ボヌッチを獲得したことを発表した。なお、ミランは同日にFWゴンサロ・イグアインとDFマッティア・カルダーラ(ともに前ユヴェントス)の獲得を発表。イグアインの来年6月までとなるローン移籍(買い取りオプション付き)、並びにボヌッチとカルダーラのトレードが実現したことをクラブ公式サイトで伝えている。

ボヌッチを失ったミランには気がかりなデータがある。同選手は昨季の国内リーグ3試合とUEFAヨーロッパリーグの本選1試合を欠場したが、この4試合でミランは1勝1分け2敗と、戦績が芳しくない。特に昨年12月のヨーロッパリーグではラインコントロールに長ける同選手の不在が災いし、格下のHNKリエカに0-2で敗れている。また、前述の4試合中3試合で失点を喫しており、唯一無失点で終えたセリエA第32節(ナポリ戦/0-0)も、GKジャンルイジ・ドンナルンマの奇跡的なファインセーブに救われた恰好だ。ボヌッチ不在時に最終ラインが極端に下がり、自陣ペナルティエリア内に相手選手を容易に入れてしまう悪癖が見受けられる同クラブだが、新シーズン開幕までに堅固な守備を構築できるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ