香川真司らが残っていればドルトムントはCL制覇できた!? クロップに残る後悔「信じられないチームだった」

ブンデスを支配していた当時のドルトムント photo/Getty Images

主力さえ残っていれば……

今もドルトムントは十分に強いチームだが、やはり2010-11シーズンと2011-12シーズンのブンデスリーガを制した当時のチームとは比較にならないだろう。ユルゲン・クロップに率いられた若きチームはバイエルンをも抑え込み、ブンデスリーガ連覇を果たした。

現在クロップはリヴァプールを指揮しているが、今でもドルトムント時代に後悔があるようだ。その後悔とは、主力選手が次々とクラブを離れてしまったことだ。ドルトムントのようなクラブがブンデスを連覇したとなれば、金にモノを言わせてビッグクラブが獲得に動くのは自然な流れだ。ロベルト・レヴァンドフスキ、マリオ・ゲッツェ、ヌリ・シャヒン、マッツ・フンメルスらも去り、さらには日本代表MF香川真司も2012年にマンチェスター・ユナイテッドへ移籍している。

英『BBC』によると、クロップは当時のドルトムントが主力を残留させることができればチャンピオンズリーグを1度は獲得できたのではないかと感じているようだ。実際2012-13シーズンには決勝まで進んでおり、優勝したバイエルンとの差は僅かなものだった。

「もし2011年のチームがその後の4年間を戦うことができていれば、最低でも1度はCLを制したんじゃないかな。当時選手たちは19、20歳ほどで、信じられないチームだった。あのような選手たちを抱えていたのはラッキーだったよ。今のリヴァプールと全く同じではないが、似ているね。過去にはリヴァプールもトーレス、スアレス、コウチーニョ、スターリングらを売却しているからね」

確かに香川があのままドルトムントに残っていれば、2012-13シーズンの決勝を戦うことができた。全ては結果論だが、あのチームを維持出来ていれば決勝トーナメントに継続的に入ることは可能だったはずだ。クロップだけでなく、ドルトムントのサポーターも当時のドリームチーム崩壊を残念に思っていることだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ