チェルシーのプレシーズンツアーの移動距離が凄すぎる…… 英メディアは疲れるのではと不安視

気になるチェルシー選手たちの疲労 photo/Getty Images

豪州、仏と大忙し

いよいよクラブのプレシーズンが本格的にスタートする。欧州を代表するビッグクラブは世界各地でプレシーズンマッチをおこないながら準備を進めていくのだが、英『Football London』はチェルシーの移動スケジュールが厳しすぎるのではと不安視している。

チェルシーは7月23日にオーストラリアのパースにてパース・グローリーとテストマッチをおこなうところからプレシーズンツアーがスタートする。オーストラリアまで移動して試合をおこなうと、次はフランスのニースへ飛んでインテルとインターナショナル・チャンピオンズ・カップで激突。それが終わると3日後にアイルランドのダブリンでアーセナルとの試合が控えている。

さらにその3日後にはウェンブリー・スタジアムにてマンチェスター・シティとのコミュニティ・シールドがあり、8月7日に本拠地スタンフォード・ブリッジでリヨンと戦ってプレシーズンを締めくくる予定だ。同メディアによればチェルシーの総移動距離は3万226Kmとなり、プレシーズンツアーをおこなうプレミアリーグのクラブの中では最長の距離になる。

近年はプレシーズンの移動距離が選手たちに負担をかけていることが問題視されるが、チェルシーの選手たちは疲労を溜め込むことなく開幕を迎えられるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ