ここまで無得点、何か問題でも? ジルー「得点なしでフランスが世界王者になれるなら気にしない」

フランス代表のジルー photo/Getty Images

チャンスメイクに徹する

FWの選手は得点数で全てを判断されがちだが、フランス代表FWオリヴィエ・ジルーはここまで無得点であることを全く気にしていない。今大会のフランスは快速アタッカーのキリアム・ムバッペに注目が集まり、ジルーは完全に脇役だ。しかし、ジルーは得点がなくともワールドカップ制覇に貢献できるならばOKと前向きだ。

英『The Guardian』によると、ジルーは「もちろん得点を決めたいけど、周囲の選手にスペースを作れるのであれば僕は常にチームのためにベストな選択肢をチョイスする。それが重要なんだ。フランスがワールドカップを制した1998年大会の時、クリストフ・デュガリーは1得点、ステファヌ・ギヴァルシュは無得点だったと思う。もし僕の得点なしでフランスが世界王者になれるなら、僕は気にしないよ。僕がピッチにいるということは、監督は僕がチームに貢献していると判断しているわけだからね」とコメントしている。

ジルーにもシュートチャンスが全くないわけではないが、今大会は脇役に徹している。ジルーのような大型選手が前線で体を張ってくれるからこそ、ムバッペやアントワーヌ・グリーズマンらスピードあるアタッカーが飛び出しやすくなる。目立たないが、ジルーの存在は重要だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.230 アジア杯準優勝を糧にコパ・アメリカへ挑め!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ