「これぞ俺達のシンジ」 レスター番記者が唸った岡崎のワンプレイとは[映像アリ]

攻守両面での貢献度が高い岡崎 photo/Getty Images

「2秒間で2度も転がった」

日本代表のFW岡崎慎司がロシアW杯のグループリーグ第2節(セネガル戦)で披露したあるプレイが、英国メディアの記者の目に留まった。

レスターの地元紙『Leicester Mercury』のジェームズ・シャープ記者は、同選手の78分のプレイに注目。大迫勇也のクロスに飛び込んで相手GKと激突すると、ボールは左サイドに流れる。その後、乾貴士の左サイドからのクロスにも反応し、またも相手GKと接触した。この岡崎の貪欲にゴールを狙う姿勢が相手守備陣の目線を引きつけ、PA内で本田圭佑がフリーに。その本田が貴重な同点ゴールを挙げている。シャープ氏はTwitterを通じ「オカザキは僅か2秒間の間に2度も地面に転がった。これぞ俺達のシンジだ」とコメント。ゴール前で献身的な動きを見せた同選手を称えている。

所属先のレスターでも果敢なチェイシングを披露するなど、攻守両面において貢献度が高い岡崎。得点やアシストの少なさを懸念する論調もあるが、サッカーの母国の記者には、数字に表れにくい同選手の魅力が伝わっているということだろう。




参照元:Twitter
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ