ベルギー代表落選でも自分流を貫く ナインゴラン「サッカー界にはイエスマンが多すぎ」

ベルギー代表から漏れたナインゴラン photo/Getty Images

思ったことを口にするやり方を続ける

ローマに所属するMFラジャ・ナインゴランは間違いなくワールドクラスのセントラルMFだが、今回もベルギー代表メンバーから漏れてしまった。ナインゴランは暴れん坊なところがあり、実力以外の面が足を引っ張ってしまったのかもしれない。

ベルギー『VTM』によると、ナインゴランも思ったことを口にしてしまうところが自分の弱点と認めている。しかしサッカー界には従順すぎる人物ばかりと嫌気がさしているところもあるようで、ナインゴランらしいコメントを残している。

「ワールドカップに行けないのはとても痛いよ。すでに1度味わっているからね。引退してからサッカー界に何かをしたいとは思わない。サッカー界にはイエスマンが多すぎるんだ。オレは思ったこと、感じたことを言う。それがオレの問題だ。だが、これからもそうしていく。オレは1日1日が人生でベストな日になるように生きているのさ」

ベルギー代表監督ロベルト・マルティネスもナインゴランの実力は認めているはずだが、やや扱いにくいところがあると感じていたのかもしれない。現代のサッカー界では少なくなってきたタイプの選手と言えるだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ