ブッフォンが明かした“うつ病”との闘い「死んでしまうのではないかと……」

壮絶な過去を明かしたブッフォン photo/Getty Images

「簡単な道を選ぶなら、ピッチに入らなければ良いが......」

2001年よりユヴェントスでプレイしたGKジャンルイジ・ブッフォン。長きにわたり同クラブの守護神として君臨してきた同選手だが、今季限りでの退団を決断した。

今後の動向が注目されるなか、同選手がうつ病に悩まされていた過去を告白。ある試合の直前に死の恐怖に晒されていたことを明かした。伊『calciomercato』や伊『il Giornale』が伝えている。

「2005年のレッジーナ戦の前の出来事は忘れられない。ウォームアップ中に発作に襲われたんだ。それまでよりも遥かに強い発作にね。誰も僕の異変に気づかなかったから、尚更孤独に感じたよ。心臓の鼓動は早まり、呼吸はどんどん苦しくなる。このまま死んでしまうのではないかと思ったよ。それでも僕はピッチに立った。フランチェスコ・コッツァ(レッジーナ)のシュートをセーブできたし、チームは1-0で勝利した。それが自分にとって大きな衝撃になったんだ。まるでショック療法のようにね。これがきっかけで、僕は(自分がしている)仕事への愛や誇り、自己肯定感を取り戻せたんだ。だから、諦めないことにしたんだよ。僕は自分にこう言い聞かせた。『簡単な道を歩むなら、ピッチに入らなければいい。だけど、それはいつだってできる』と」

世界中の人々の視線に晒され、常に最高のパフォーマンスを求められるトップアスリート。サッカーに心血を注ぐ選手たちに対し、我々はより一層敬意を払う必要があるのかもしれない。




●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ