“サラー潰し”で批判殺到のS.ラモスが電話番号を変える事態に 昨季も同じことをしていたと話題[映像アリ]

批判を浴びるS.ラモス photo/Getty Images

意図的にサラーを潰したと批判

チャンピオンズリーグ決勝でチームの優勝に貢献したレアル・マドリードDFセルヒオ・ラモスだが、未だにリヴァプールFWモハメド・サラーを潰したとして多くの批判を受けている。リヴァプールサポーターの多くはラモスがサラーを意図的に怪我させたのではないかと見ており、SNSなどで批判的な意見が相次いでいるのだ。

またスペイン『COPE』によれば、ラモスだけでなく家族も脅迫電話などを受けており、電話番号を変えなければならない事態にまで発展しているという。ラモスが故意にサラーを潰したのかは分からないが、騒ぎはまだ収まりそうにない。迫るロシアワールドカップでもラモスにはブーイングが浴びせられる可能性もある。

さらにこの問題を厄介なものにさせているのが、昨季のチャンピオンズリーグ決勝・ユヴェントス戦でもラモスが同じようなプレイをしていたことだ。ラモスはユヴェントス戦でダニエウ・アウベスの腕を今回と同じようにロックし、引きずり倒そうとしている。この映像も大きな話題を呼んでおり、ラモスはすっかり悪者だ。

エジプト代表の期待を一身に背負うサラーがワールドカップに万全の状態で臨めないとなれば、ラモスへの風当たりはますます強くなるだろう。




記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ