ガーナ代表監督が日本代表を分析 何を言った?

ガーナ代表を率いるアッピアー監督 photo/Getty Images

「日本は良いチームだったが......」

30日に国際親善試合が行われ、日本代表がガーナ代表に0-2で敗れた。

ガーナ代表を率いるジェームズ・アッピアー監督は試合後に行われた公式会見で、日本代表に対する率直な感想を口にしている。

「日本は良いチームだったが、フィニッシュが決まらなかった。(日本は)ボールを持ち、クロス、パスともに良かったが、ゴールに繋げられなかったのが残念だった。メディアの皆さんは、どうかコーチを寛大に見てほしい。W杯でとても良い試合をすると思う。タクティクス(戦術)については、実行する選手の質が重要になってくる。個人的には、3バックはボールを持っているときに機能すると思っている。ボールを取られたときに最終ラインから誰が前に出るのか、あるいは前から戻ってくるのか(前線の選手が帰陣するのか)という点があり、迷ったときは安全策が良い。フルバックが残るとか、センターバックの1人が残るなど。センターバックの2人が前にいってしまうと大変なので、最初は1人残るといった形で良い」(同監督のコメントより抜粋)

[3-4-2-1]の布陣を試した西野朗監督(日本代表)だが、主に守備面での課題を露呈。プレスのかけ始めや最終ラインを押し上げるタイミングを徹底できず、前線の3人(本田圭佑、宇佐美貴史、大迫勇也)と中盤との間に広大なスペースが生まれた。このスペースをガーナの最終ラインや中盤の選手に使われ、同試合の序盤では劣勢を強いられている。また、それぞれの選手が守るべき担当エリアも曖昧で、センターバックが無理やり相手FWにチェイシングにいくケースが頻発。7分には槙野智章が自陣ゴール前でファウルを犯し、この直後のフリーキックが失点に結びついた。戦術の練度を高めきれなかった西野監督だが、今一度各選手のポジショニングや守備時の担当エリアを明確にする必要があるだろう。







●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.202 戦術ズバリ! 前回王者をメキシコが沈める
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ