日本代表の“2トップ”はロシアW杯でも使えるのか!? 武藤嘉紀「はじめてだったので……」

後半から途中出場を果たした武藤 photo/Getty Images

まだまだ練習の余地あり

日本代表は30日、『キリンチャレンジカップ2018』でガーナ代表と対戦し、0-2の敗戦を喫した。この一戦で後半から途中出場を果たし、何度か決定機が訪れたFW武藤嘉紀だが、ゴールを決めきることができず、試合後に悔しさをあらわにしている。

インタビューに応じた武藤は「決めていないので、納得してはいけないと思う。FWである以上、厳しく上を求めていかないといけない」と述べるも、所属クラブのマインツを1部残留へ導いたブンデスリーガ終盤戦の好調は維持できているようだ。「感覚的にはゴールの空いているところ、相手の足が出てくるところがかなり見えていた。逆に見えすぎて、井手口からのやつとか、2本足が出てきて、見えすぎているからこそ迷ってしまった。そこはポジティブにとらえないといけないと思う」と調子の良さを口にしている。

ただ一方で「外してしまったことは変わらない。これが本番ではなくて本当に良かった」と率直な心境も明かしており、「あそこでしっかり決められるようにしっかり反省して……。自分なりに出せる力は出せたかなと思う。もう何を言っても変わらないので、(メンバー発表を)あとは待つしかない」と語った。

そして、武藤はFWのポジション争いなどについても言及。「サコくん(大迫勇也)が大事な試合で素晴らしいプレイをしているが、脅かさないといけない。彼のようにしっかりと収めて、自分にしかできないことをやっていけばいいかな。今日は2失点目をしてかなり引かれてしまったので難しかったが、普段ならもっと裏が空いていて、フリーでもらえると思う。ただ、これは言い訳にもならない。あとは、クロスを受けて簡単にはたくのか、それとも前を向くのか。コンビネーションはしっかりと話し合っていきたい」と話している。

さらに、この試合で途中から組んだ岡崎慎司との2トップについては「はじめてだったので、やってみないとわからないことがたくさんあるので今日わかったのはポジティブにとらえるべき。もしかしたらサコくんと2トップを組むかもしれないし、他の誰かと組むかもしれない。誰と組むにしても、しっかりと話し合っていきたい。本番でうまくいかなかったでは遅いので、練習中からしっかりとコンビネーションを深めていきたい」とコメント。まだまだ練習の余地ありと感じたようだ。



●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ