ロシア行きを逃したパートナーを癒せるか “傷心の夫”を支える美女たち

BACK

1/4

NEXT

photo/Instagramより

photo/Instagramより

大物の落選が相次ぐ

ロシアW杯の開幕が目前に迫り、各国の招集メンバーが続々と発表されている。今回は惜しくも招集メンバーから漏れてしまった選手たちのパートナーを紹介したい。

【写真①】FWアルバロ・モラタ(チェルシー/スペイン国籍)の妻である、アリス・カンペッロさん。昨年6月にヴェネツィアにて挙式。同選手がInstagramを通じて彼女とのキスシーンを頻繁に投稿していることからも、その熱愛ぶりが窺える。



【写真②】カンペッロさんとモラタ。

BACK

2/4

NEXT

photo/Instagramより

photo/Instagramより

【写真①】DFエセキエル・ガライ(バレンシア/アルゼンチン国籍)の妻として知られる、タマラ・ガッロさん。モデルや司会者として活動する傍ら、2012年より同選手と結婚生活を営んでいる。













【写真②】ガライとガッロさん。

BACK

3/4

NEXT

photo/Instagramより

photo/Instagramより

【写真①】FWマウロ・イカルディ(インテル/アルゼンチン国籍)の妻であり、代理人として辣腕を振るうワンダ・ナラさん。マキシ・ロペスの前妻として知られているが、イカルディとの不倫が発覚し、離婚。この3人による愛憎劇は今もなおサッカーファンの間で語り継がれている。













【写真②】ナラさんとイカルディ。

BACK

4/4

NEXT

photo/Instagramより

photo/Instagramより

【写真①】MFセスク・ファブレガス(チェルシー/スペイン国籍)の妻として知られる、ダニエラ・セマアーンさん。42歳という年齢を感じさせない妖艶ボディや、セスク(31歳)との驚愕の年齢差がサッカーファンの間で語り草となっている。









【写真②】セマアーンさんとセスク。


ロシア行きの夢こそ潰えてしまった前述の4選手だが、彼らの選手キャリアはまだまだ続く。各選手の今後のプレイぶりも然ることながら、傷心の夫に寄り添う妻の存在にも注目したいところだ。















記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ