「6-0はエンターテイメントか?」 モウリーニョが語る本当に興奮する戦い

マンUを指揮するモウリーニョ photo/Getty Images

ワンサイドゲームは退屈との持論

マンチェスター・ユナイテッドのサッカーは守備的で退屈、優勝したマンチェスター・シティに比べて魅力的ではないという意見がある。マンUを指揮するジョゼ・モウリーニョは守備的な戦術を採用することも多く、サポーターがジョゼップ・グアルディオラの下で攻撃的なサッカーを展開するマンCのことを羨ましく思うのも無理はない。

しかし、モウリーニョは攻撃で相手を一方的に圧倒するサッカーを理想としていない。モウリーニョが思うエンターテイメントは異なるのだ。マンUは19日にチェルシーとのFA杯決勝を戦うが、モウリーニョは大量得点で勝つことに美しさがあるのではないとコメント。自身が思うエンターテイメントについて語っている。

英『FourFourTwo』によるとモウリーニョは、「6-0のゲームがエンターテイメントと思うのか?私はそうは思わない。私が思うエンターテイメントとは、最後まで興奮し、観客全員がスタジアムに留まり、両チームに緊張感があって結果が最後まで予想できないゲームだ。これこそ私が愛するフットボールであり、エンターテイメントだと思う」と語っている。

サポーターとしては大量得点で相手を圧倒する方が気持ちいいかもしれないが、そうしたワンサイドゲームはモウリーニョの好むところではないようだ。今回のチェルシー戦も大量リードが開くことは考えにくく、終盤まで結果を予想できない激しい戦いとなりそうだ。

●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.205 2連勝のウルグアイとロシアがグループA突破
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ