[EL]アトレティコ、グリーズマンの活躍で6大会ぶりの優勝! 十八番のカウンターでマルセイユを粉砕[映像アリ]

盤石の試合運びを見せたアトレティコの面々 photo/Getty Images

相手のミスを見逃さず

16日にUEFAヨーロッパリーグの決勝戦が行われ、酒井宏樹が所属するマルセイユがアトレティコ・マドリードと対戦した。

序盤にチャンスを作ったのはマルセイユ。4分にパイェのパスに反応したジェルマン、6分には敵陣ペナルティエリア内にこぼれたボールにラミが反応してシュートを放つが、いずれも枠を捉えることができなかった。

立ち上がりの決定機をものにできなかったマルセイユは、徐々にアトレティコのハイプレスに押し込まれていく。そして迎えた21分、自陣でカビ(アトレティコ)にボールを奪われると、同選手からのパスを受けたグリーズマンにゴールを陥れられ、ビハインドを背負ってしまう。さらに32分には攻撃の要であるパイェが負傷交代を余儀なくされ、マルセイユは圧倒的不利な状況に立たされた。アトレティコが1点をリードし、前半を終える。

動揺の色を隠せないマルセイユは、後半開始早々に出鼻を挫かれる。グリーズマンに最終ラインの背後を陥れられると、コケからのリターンパスを受けた同選手にボールを流し込まれ、追加点を許した。

何とか反撃に転じたいマルセイユであったが、自陣でブロックを敷くアトレティコの守りを切り崩すには至らない。81分のミトログルのヘディングシュートがポストに嫌われると、89分にカウンターを浴びてガビにゴールを陥れられ、勝負あり。アトレティコが磐石の試合運びを見せ、6大会ぶりの優勝を成し遂げた。なお、酒井宏樹はベンチに入ったものの、不出場に終わっている。

[メンバー]
マルセイユ:マンダンダ、サール、ラミ、L・グスタボ、アマヴィ、サンソン、F・Z・アンギッサ、トヴァン、パイェ(→ロペス 32)、オカンポス(→ヌジエ 55)、ジェルマン(→ミトログル 74)

アトレティコ:オブラク、ヴルサリコ(→フアンフラン 46)、ヒメネス、ゴディン、エルナンデス、ガビ、S・ニゲス、コレア(→トーマス 88)、コケ、グリーズマン(→F・トーレス 90)、D・コスタ

[スコア]
マルセイユ 0-3 アトレティコ

[得点者]
アトレティコ:グリーズマン(21、49)、ガビ(89)



参照元:Twitter



記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ