ブンデスの若手イングランド人狩り止まらない 今度は”U-17W杯得点王”がターゲットに!

リヴァプール期待の若手・ブリュースター photo/Getty Images

ブンデスの環境にイングランドの若手が惹きつけられる

先日トッテナムのU-18チームに所属する17歳のFWレオ・グリフィスにブンデスリーガのライプツィヒが関心を示しているといった話題があったが、ブンデスリーガ勢による若手イングランド人選手狩りの勢いは止まりそうにない。

英『Daily Mail』は、リヴァプールのU-23チームに所属する18歳のFWライアン・ブリュースターにライプツィヒとボルシアMGが興味を示していると伝えている。ブリュースターといえば昨年インドで行われたU-17ワールドカップにイングランド代表の一員として出場し、計8得点を挙げて大会得点王に輝いている逸材だ。

リヴァプールとしては将来が楽しみな逸材だが、ロベルト・フィルミーノ、ドミニク・ソランケもいるリヴァプールで出番を勝ち取っていくのは簡単ではない。そこにライプツィヒ、ボルシアMGが目をつけている。

ライプツィヒではアデモラ・ルックマン、ボルシアMGもリース・オックスフォードと若手イングランド人選手を獲得しており、彼らはブンデスリーガで出場機会も得ている。ドルトムントでは同じU-17イングランド代表で活躍したジェイドン・サンチョが活躍しており、ブリュースターがトップチームでの出場機会を欲しているのならブンデスリーガは魅力的な環境となる。

同メディアはブリュースターがリヴァプールとのプロ契約を渋っているのではとも伝えているが、今後もイングランドの若手流出は続くのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ