スタメン復帰の酒井宏樹、“元フランス代表DFの息子”と互角のマッチアップ

復調ぶりをアピールした酒井 photo/Getty Images

EL決勝への出場が濃厚に

11日にリーグ・アンの第37節が行われ、DF酒井宏樹が所属するマルセイユがギャンガンに3-3で引き分けた。

左膝の負傷が癒え、同試合のスターティングメンバーに名を連ねた酒井。両軍のフィールドプレイヤーの中でトップタイのインターセプト数(3回/英『whoscored』が算出)を記録するなど、まずまずのパフォーマンスを披露した。また、6分には強烈なボディコンタクトでFWマルクス・テュラム(※編注:リリアン・テュラムの息子)の突破を阻むなど、球際の攻防においても復調ぶりをアピールしている。

ギャンガン戦では最終ラインの背後を突かれる場面が目立ったマルセイユだが、酒井をはじめとする守備陣がラインをコントロールし、16日に行われるUEFAヨーロッパリーグ決勝(アトレティコ・マドリード戦)で勝利をもぎ取ることができるだろうか。酒井や同クラブの奮闘ぶりに注目が集まる。



記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ