サポーターも興奮した英雄の古巣復帰は成功or失敗? ルーニーに溜まるフラストレーション

エヴァートンでプレイするルーニー photo/Getty Images

監督交代から流れ変わる

昨夏マンチェスター・ユナイテッドを退団し、古巣エヴァートンに戻ってきたFWウェイン・ルーニー。サポーターも興奮した復帰劇だったが、今季は少々波のあるシーズンとなってしまった。ロナルド・クーマンが指揮を執っていた頃は継続的に結果も出ていたが、昨年10月にクーマンは解任。現在はサム・アラダイスが指揮を執っているが、やや苦戦気味だ。

アラダイスはルーニーを中盤の深い位置で起用することも多く、最前線でプレイする機会はほとんどない。それもあってか、ルーニーは昨年12月のスウォンジー戦以降得点が無い。英『Daily Mail』によればクーマン体制時のルーニーは171.5分に1点のペースで得点に絡んでいたが、今では456.7分に1点だ。

しかもアラダイスはルーニーを試合途中でベンチに下げる機会が非常に多い。フル出場させてもらえるケースは少なく、アラダイス体制では12回も途中交代がある。それも60分あたりで交代となるケースが多く、同メディアはルーニーがフラストレーションを増大せていると伝えている。

チームは8位に入っているが、昨季は7位に入ってヨーロッパリーグ出場権を手にした。しかも昨夏にはさらなる飛躍を求めてルーニーをはじめデイヴィ・クラーセンやギルフィ・シグルズソン、マイケル・キーン、ジョーダン・ピックフォードなど高額な資金を投じてチームを補強している。開幕前はトップ6の牙城を崩すことが目的だったはずだが、その目標はあっさり消えてしまった。

チームとしてもルーニーとしても復帰1年目はほろ苦いものとなっている。ルーニーには僅か1年での退団案も浮上しており、男気ある古巣復帰劇は大成功とはなっていない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ