ナインゴラン、ローマの運命を分けた自身のミスをSNSで謝罪 ファンの反応は……

顔を手で覆い、悔しさをあらわにするナインゴラン(右)。それを慰めるエル・シャーラウィ(左) photo/Getty Images

「気にするな!」

ローマは2日、チャンピオンズリーグの準決勝2ndレグでリヴァプールと対戦し、4-2の勝利を収めた。しかし、1stレグ(2-5)のビハインドをひっくり返すには至らず、ベスト4で姿を消すこととなった。

この一戦で、ローマのスターティングメンバーに名を連ねたベルギー代表MFラジャ・ナインゴランは、立ち上がりに安易なパスをミスをし、リヴァプールに先制点を献上。頭を抱えて悔しがるそぶりを見せていた。その後、ナインゴランはミドルシュートとPKから2ゴールを記録し、ミスを帳消しにする活躍を披露したが、結果的にこの先制点が試合の運命を分けることとなってしまった。

試合後、自身の公式Instagramを更新したナインゴランは「このチームの一員であることを誇りに思っています。最終結果に重大な影響を及ぼすミスを犯してしまい、申し訳ありませんでした」と綴り、応援してくれたファンへ謝罪。これに対しファンは、「気にするな!」や「素晴らしいプレイだった。ブラボー」、「ラジャ、ありがとう!」など、慰めのメッセージや感謝の言葉を多く寄せている。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ