出場停止の噂が絶えないサラー 英国メディアが報じた最新状況は……

古巣チェルシーとの対戦を控えているサラー photo/Getty Images

3試合の出場停止が予想されていたが......

今季のプレミアリーグの得点ランキングで、首位をひた走るFWモハメド・サラー(リヴァプール)。先月28日に行われたプレミアリーグ第36節(ストーク戦)で、相手DFブルーノ・マルティンス・インディにパンチを見舞おうとしていたことが発覚。イングランドサッカー協会(FA)より3試合の出場停止を命じられる可能性があることが各方面で指摘されている。

処分の行方が注目されるなか、英『sky SPORTS』が最新状況を報道。同協会がサラーのストーク戦での行為を不問としたほか、同選手が6日に行われるプレミアリーグ第37節(チェルシー戦)に出場できる可能性が高いことが同メディアで伝えられた。

試合中の軽率な振る舞いにより出場停止の危機に晒されたサラーであったが、今回は命拾いという形になりそうだ。











記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ