「運命がここに来ると言っていた」 アメリカが似合いすぎる男・イブラが語るLAへの愛

LAギャラクシーに加入したイブラヒモビッチ photo/Getty Images

マンU加入前からLA入りの可能性あった

先日マンチェスター・ユナイテッドとの契約を解除し、MLSのロサンゼルス・ギャラクシーに加入することが発表されたFWズラタン・イブラヒモビッチ。36歳でアメリカへ渡ることとなったわけだが、マンUに加入する以前にLAギャラクシーに加入する可能性もあったという。

英『Daily Mail』によると、イブラヒモビッチはLAギャラクシーに加入する運命にあったと語り、パリ・サンジェルマンを退団した時からMLS行きが選択肢にあったことを明かしている。

「ユナイテッドに加入する前に実現するつもりだった。オレの考えはここにあったんだ。ここに来たかったが、当時は実現しなかった。時としてこういうこともあるが、オレの運命がここに来ると言っていた。ロサンゼルスがオレを呼び、それに応えたんだ」

近年は欧州で活躍した選手たちがアメリカへ渡るケースも増えているが、イブラヒモビッチほどアメリカのイメージが似合う選手もいないだろう。サッカー界のキングがアメリカで何を見せてくれるのか楽しみだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ