何よりも「結果」を求めるウクライナ戦 ハリル監督「より高いレベルの試合をお見せしたい」

選手に「結果」を求めたハリルホジッチ監督 photo/Getty Images

W杯レベルのウクライナを相手にどこまでやれるか

現在欧州遠征を行なっている日本代表は27日、キリンチャレンジカップ2018 in EUROPEで、仮想ポーランドとしてウクライナ代表戦と対戦する。試合に先立って行われた前日会見に、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が出席した。

23日に行われた仮想セネガルのマリ代表戦では、相手の高い身体能力などに苦戦を強いられ、1-1のドロー決着。この一戦で多くの課題が浮き彫りとなっていた。ただ、ハリルホジッチ監督は「勝てば自分たちを精神的に盛り立てることができる」とコメント。日本サッカー協会が伝えている。

そして、ウクライナ代表について「W杯には惜しくも参加できないが、マリよりもさらにレベルが高く、組織された良いチームで連動性もある。非常に質の高いチーム」と述べたハリルホジッチ監督は、この一戦で何よりも「結果」を求めている。「この試合へ向けて、選手たちには結果を求めた。FIFAランクで日本より上位で、W杯レベルの格上の相手に挑んで、勝利という結果を残したいと思う。W杯へ向けて全員の理解を深め、戦術、技術、フィジカル面でマリよりもクオリティの高い相手に対して、より高いレベルの試合をお見せしたい」と明かした。

先日、ロシアW杯のグループステージ初戦で相見えるコロンビア代表の試合を視察したハリルホジッチ監督。「彼らとはまだ差がある」と述べつつも「それを全員がしっかりと認識して、行動に移さないといけない。勝つのが不可能な試合はない。W杯ではいろいろなことが起こり得るのだということを認識させて、選手たちが勇気をもって意欲的に挑める状態を作りたいと考えている。本大会へ向けてプレッシャーはこれからさらに強くなるが、その中でもしっかり責任感を持って行動してほしい。そういう形で、チーム全体で前進していきたいと思う」と本大会への意気込みも語っている。

日本代表はウクライナ代表戦で結果を残し、本大会へ向けて弾みをつけることができるのか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ