優勝狙えるのは2018W杯ではなく2022年大会!? マテウス氏「イングランドは今回少し早すぎるかも」

イングランド代表は4年後が優勝候補? photo/Getty Images

若い世代が成熟した4年後が勝負

2018ロシアワールドカップ開幕前から4年後の話をされるのも屈辱かもしれないが、元ドイツ代表のローター・マテウス氏は2022年大会ならイングランド代表にも優勝を狙うチャンスがあると主張する。

イングランドはトッテナムFWハリー・ケインを中心に好タレントが揃っており、今大会も上位進出が期待されているチームだ。しかし英『FourFourTwo』によると、マテウス氏はまだ今大会は優勝を狙うには早すぎると語り、近年結果を出しているユース年代の選手たちがA代表に入ってくるであろう4年後が勝負との考えだ。

「イングランドは非常に若くて良いチームだ。今回は少し早すぎるかもしれないが、次のワールドカップはチャンスがある。彼らは良い選手が揃っているし、ここ18カ月間は若い世代が良い結果を出している」

4年後となればケインやデル・アリらもキャリアで最も成熟した状態となっているだろう。そこにマンチェスター・シティのフィル・フォデンなど若い世代が絡んでくると面白い。今大会よりも4年後こそが勝負か。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ