A・サンチェスがマンUで1人で食事している理由とは? 「通常トレーニングが終わったあと……」

今冬マンUへ加入したA・サンチェス photo/Getty Images

孤立しているわけではないと英紙

今冬にマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したFWアレクシス・サンチェスは、すでにチーム内で孤立しているのではないかと言われている。先日もクラブの練習場であるキャリントンでの食堂でも1人で食事をしているシーンが多いといった話題があり、上手くチームに馴染めていないとのイメージもあった。

しかし英『Daily Star』は、この情報が誤りだと主張している。サンチェスが1人で食事することが多いのはトレーニング時間が他のチームメイトより多いからで、孤立しているわけではないようだ。

「サンチェスがキャリントンで1人で食事をしていることには理由がある。サンチェスは通常トレーニングが終わったあとに30分ほどフリーキックやシュート練習をしている。そのため彼がシャワーや着替えを終えた時、他のチームメイトの多くは食事を終えている」

サンチェスもマンUで苦戦する現状を打破しようと燃えているのだろう。元よりハードワークする選手として有名だったが、それはキャリントンでも続いているようだ。


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ