[移籍]インテル、今冬の補強第1号は元アルゼンチン代表CB 背番号は栄光の「2」に決定

インテルへのレンタル移籍が発表されたリサンドロ・ロペス photo/Getty Images

買取オプション付きのレンタル移籍

日本代表DF長友佑都が所属するインテルは15日、ポルトガル1部のベンフィカから元アルゼンチン代表DFリサンドロ・ロペスを獲得したと発表した。2018年6月30日までのレンタル移籍で、契約内容には買取オプションが組み込まれている。背番号は、クラブの英雄ジュゼッペ・ベルゴミがかつて身につけた栄光のナンバー「2」に決まった。

インテルにとって今冬の補強第1号となったL・ロペスは、1989年9月1日生まれの28歳。2013年夏に海外挑戦を決断し、ベンフィカへ移籍した。加入初年度となる2013-14シーズンはヘタフェへレンタル移籍し、公式戦28試合に出場して主力として活躍。すると翌シーズンからは本来の所属先であるベンフィカへ復帰した。同クラブでは3シーズン半に渡ってプレイし、公式戦54試合に出場。3度のリーグ制覇、2度のリーグ杯優勝など、数々のタイトル獲得を経験している。

L・ロペスが15日にインテルのメディカルチェックを受けることが地元メディアの間で報じられていたが、無事通過し移籍が実現した。伊『Corriere dello Sport』などによると、レンタル料は50万ユーロ(約6800万円)で、買取オプションを行使する際には移籍金として900万ユーロ(約12億2000万円)がかかる模様。そして、すでに同日の午後にはチームへ合流し、チームメイトらと汗を流したという。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.198 ロシアW杯出場32ヵ国ガイドブック
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ