[移籍]ヘルシンキ退団の田中亜土夢、ついに新天地が決定 2冠のC大阪へ加入

フィンランドで圧倒的な存在感を発揮した田中亜土夢 photo/Getty Images

4シーズンぶりにJリーグ復帰

セレッソ大阪は6日、HJKヘルシンキを退団していたMF田中亜土夢が加入することになったと発表した。

現在30歳の田中は、2006年にアルビレックス新潟でプロとしてのキャリアをスタート(2005年は同クラブの特別指定選手としてプレイ)。J1で通算200試合に出場し、17ゴールを記録していた。そして、2015年に海外挑戦を決断し、フィンランドのHJKヘルシンキへ移籍。加入初年度からチームの主力として活躍すると、2015年シーズンから2年連続でベストイレブンに選出された。2017年シーズンも公式戦33試合に出場しており、リーグ戦とカップ戦の2冠に貢献している。しかし、同クラブとの契約満了に伴い、チームを退団することが決まり、4シーズンぶりにJリーグへ復帰することとなった。

そんな田中はC大阪の公式サイトを通じて「セレッソ大阪に関わるすべての皆様、初めまして田中亜土夢です。タイトルを取る為にやってまいりました!自分のプレイスタイルをこのセレッソで表現して闘います!応援宜しくお願いします」と意気込みを語っている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ