“イタリア移籍”がサラーを変えた!? 今季の活躍の陰にある恩師スパレッティの存在

プレミアリーグでゴールを量産するサラー photo/Getty Images

自身2度目のプレミアリーグでゴールを量産

今夏の移籍市場でリヴァプールへ加入したエジプト代表FWモハメド・サラーが、自身のキャリアを回想。今季プレミアリーグでゴールを量産する同選手だが、彼にとって大きな転機となったのは「イタリアへの移籍」のようだ。

現在25歳のサラーは母国クラブでキャリアをスタートさせ、2012年にスイスのバーゼルへ移籍。ヨーロッパリーグやチャンピオンズリーグなどで結果を残すと、チェルシーの目に止まり、2014年に欧州屈指のビッグクラブへの移籍を果たす。しかし、新天地では思うような出場機会を得られず、翌年の冬にフィオレンティーナへレンタル移籍。さらに2015-16シーズンからはローマへレンタル移籍した。すると、持ち味のスピードを生かしたプレイで、イタリアでゴールを量産。2016-17からはローマへ完全移籍を果たし、キャリアハイとなるリーグ戦15ゴールを記録していた。その結果、今季から念願のプレミアリーグ復帰を果たすこととなった。

クラブ公式サイトのインタビューに応じたサラーは、イタリア時代について「フィオレンティーナでの4ヶ月は良かった。ローマでも素晴らしい2年間を過ごすことができたね。僕はとても幸せだったよ」とコメント。さらにローマ時代の恩師ルチアーノ・スパレッティについて「彼は僕をたくさん助けてくれたし、本当に、本当に賢いんだ。僕はトレーニングが終わった後、よく彼に『これをしたい』や『ここを改善したい』と言ったが、彼が『ノー』ということは決してなかった。疲れているときでさえいつも『OK』と言って、僕がしたいことや改善したいことを教えてくれたよ。彼のおかげで様々なことを改善することができたんだ」と明かしつつ「フィオレンティーナとローマでの時間が、僕の考えを変えたと思う」と述べた。

自身2度目のプレミアリーグでは、第18節を終えた時点で14ゴールを挙げており、得点ランクのトップに立つサラー。今季の活躍はイタリアでの経験が、大きく活かされた結果なのかもしれない。
●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.208 不屈のゲルマン魂! クロースの土壇場ゴールで望み繋ぐ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ