打ってもなぜか決まらない…… 英紙も不思議がるケインにかかる「8月の呪い」

トッテナムのケイン photo/Getty Images

今季も8月は無得点

トッテナムFWハリー・ケインは紛れもなくプレミアトップクラスの点取り屋だ。現在は2シーズン続けて国内リーグで得点王を獲得しており、今季も同様の働きが求められている。しかし、不思議なのがケインの8月のパフォーマンスだ。

トッテナムは8月に行われた開幕3試合を1勝1分1敗で終えたが、ケインは得点を決められなかった。惜しいチャンスは何度もあったのだが、なぜか決まらない。英『Daily Mirror』によると、ケインはこれまでのキャリアで8月にプレミアリーグでゴールを決めたことがない。

これまで8月に行われたリーグ戦に13試合出場し、プレイタイムは898分間あった。シュートは計44本放っており、今季も第2節のチェルシー戦で8本、第3節のバーンリー戦では10本打っている。しかしシュートをGKに当ててしまったり、らしくないプレイもあって無得点だ。

同メディアも「8月の呪い」と取り上げており、ケインはまた8月を無得点で終えてしまった。ケインはこれまでも8月以降に得点を積み重ねてきたため、特別心配する必要はないだろう。しかしチームはチェルシー戦(1-2)、バーンリー戦(1-1)と勝ち点を取りこぼしており、これが終盤に響いてくる可能性は十分に考えられる。

ケインほどのストライカーがスタートダッシュに何度も躓くのは意外だが、またいつものようにここからペースを上げてこれるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ