コウチーニョの残留を求めるキャラガー氏 「来季リヴァプールのシャツ着ていること願う」

リヴァプールのコウチーニョ photo/Getty Images

バルサが強い関心

リヴァプールの10番を背負うフィリペ・コウチーニョは、現在バルセロナの獲得リストに挙がっている選手だ。コウチーニョはウイング、さらにはインサイドハーフでもプレイできるため、仮にネイマールが去った場合でもコウチーニョが穴埋め役を務めることは可能かもしれない。

しかし英『Liverpool Echo』によると、元リヴァプールDFで解説を務めるジェイミー・キャラガー氏は、あと1年だけリヴァプールに残ってほしいと考えているようだ。リヴァプールといえば2014年夏にもFWルイス・スアレスをバルセロナに引き抜かれており、キャラガー氏はコウチーニョのバルセロナ移籍も仕方がないと捉えている。しかしもう1年だけ残ることを願っており、サポーターにこの1年を楽しむべきだと伝えている。

「フィリペがキャリアの中で他の南米選手と同じようにスペインのビッグクラブでプレイしたがることに疑問はない。バルセロナとレアル・マドリードは世界で最も大きいクラブであり、常にベストな選手を抱えている。もし来夏大金のオファーがコウチーニョに届き、選手が移籍を望めばリヴァプールに出来ることは多くない。リヴァプールサポーターはこの12カ月を楽しむべきだし、来季彼がリヴァプールのシャツを着ていることを願おう」

プレミアリーグも十分に魅力的な環境だが、やはりフットボーラーの多くはバルセロナとレアルに特別な思いを抱いている。タイトルに最も近いクラブでもあり、そこでプレイすることは1つの目標でもあるだろう。コウチーニョもバルセロナ行きに興味を示していると言われているが、キャラガー氏の希望は叶うのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ