絶好調の大迫がアシスト&PK誘発! 相棒の2ゴール演出でケルンの“開幕7試合無敗”に貢献

ケルンが2位に浮上

ケルンが2位に浮上

ケルンの攻撃を牽引する大迫勇也 photo/Getty Images

ブンデスリーガ第7節が15日に開催され、FW大迫勇也が所属するケルンがホームでインゴルシュタットと対戦した。

6試合を消化して無敗で4位につけるケルンが未勝利で17位に低迷するインゴルシュタットを迎えての一戦は、ケルンが序盤から試合の主導権を握ると、29分に先制点を奪取。ゴールから距離のある位置でボールを持った大迫が、最終ラインを抜け出したFWモデストに絶妙な縦パスを供給すると、浮き球を巧みに収めたモデストが豪快に蹴り込んでネットを揺らす。

先制に成功したケルンは、その10分後に追加点を奪う絶好のチャンスが到来する。左サイドからのスローインを大迫が受けると、相手選手に挟み込まれながらも素早い反転を披露し、ペナルティエリア内でファールを誘発。大迫の個人技によりPKを獲得したケルンはこのチャンスをモデストが冷静に決め、リードを2点に広げた。

ケルンは試合終了間際にPKからインゴルシュタットに1点を許すも、試合は2-1のままタイムアップ。大迫は75分に交代が告げられたが、2トップの“相棒”モデストの2ゴールを演出するなど、ケルンの無敗キープに大きく貢献している。またケルンは7節を終え、ドルトムントなどを抜いて暫定2位に浮上。次節は22日、敵地でヘルタ・ベルリンと対戦する。

[メンバー]
ケルン:ホルン、セーレンセン、ハインツ、マフライ、ヘクター、ラウシュ(→ビッテンコート 72)、ヘーガー(→エツカン 86)、レーマン、リッセ、大迫勇也(→ルドニェフス 75)、モデスト

インゴルシュタット:ニュラン、レーフェルス、ティセラン、マティプ、ズットナー、ロジェル(→レスカノ 66)、レックス(→レッキー 58)、グロス、コヘン、ハルトマン、ヒンテルゼーア

[スコア]
ケルン 2-1 インゴルシュタット

[得点者]
ケルン:モデスト(29、39)
インゴルシュタット:ヒンテルゼーア(90)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ