“名俳優”ペペはケインを見習え!? 頭部に蹴りを受けても立ち上がったケインと顔を叩かれたと倒れ込んだペペ

サッカーでは汚い部分も重要視されるが

相手選手を退場に追い込んでチームに利益をもたらした方がいいのか、シミュレーションなどせず正々堂々と戦った方がいいのか。サッカー界では常にこうした議論が存在する。そんな中、先日のポルトガル代表との親善試合でイングランド代表FWハリー・ケインの取った行動が話題を集めている。

ケインはこの試合でポルトガル代表DFブルーノ・アウベスのキックを頭部に受けて転倒。アウベスが足を高く上げすぎた危険なプレイだったが、ケインはすぐに立ち上がってボールを追いかけようとした。審判は試合を止めてアウベスにレッドカードを提示したが、ケインは頭部に蹴りを受けても貪欲にゴールへ向かおうとしていた。

英『Daily Mail』はケインのすぐに立ち上がった行動を称えており、今季のチャンピオンズリーグ決勝で相手選手に顔をはたかれたと猛アピールしたレアル・マドリードDFペペとは大きな違いがあると2つのプレイを比較している。プレイを続けようとしたケイン、レッドカードを求めたペペと対照的なプレイだっただけに、大きな注目を集めているようだ。

英『Sky Sports』によると、イングランド代表監督のロイ・ホジソンもイングランドにはシミュレーションの文化がないとコメントしており、何もアピールしなかったケインの行動はそうした文化に根付いたものだったのかもしれない。近年は度を超えたシミュレーションも注目を集めているが、サッカー選手としてどう振る舞うべきなのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.254 世代交代を止めるな

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ