苦しいシーズンを送ったチェルシー、アスピリクエタが来季の抱負を語る「僕たちは優勝争いに戻ってくる」

サポーターの期待に応えたい

サポーターの期待に応えたい

チーム内で最多出場を果たしたアスピリクエタ photo/Getty Images

今季のリーグ戦で37試合に出場し、チェルシー内ではセスク・ファブレガスと並び最多出場となったスペイン代表DFセサル・アスピリクエタがサポーターへの感謝と来季の抱負を語った。

チェルシーの公式サイトによると、アスピリクエタは最終戦後のインタビューでサポーターへ向けて「優勝をしたり、試合に勝っているときはサポーターの応援がわかりやすく感じることができる。だけど今季は結果が伴わないにも関わらず、彼らはホームでもアウェイでも支え続けてくれたんだ。だからこそ来季は、優勝という形で彼らの期待に応えたいよ」と感謝の意を述べた。

さらにアスピリクエタは「今季、このような結果になってしまったのは僕たちの責任だけど、来季はこうはいかないよ。簡単に行かないことはわかっているけど、再び優勝争いをするためにやる気を示さないとね。数ヵ月後にはまた新たなシーズンが始まるし、僕たちは優勝争いに戻ってくるよ」と来季の抱負も語った。

新たな指揮官としてアントニオ・コンテの招へいが決まっているチェルシーだが、はたして来季は本来の力を発揮することができるのだろうか。来季の活躍に期待したい。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.243 リヴァプール解剖論
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ