遅咲きのブンデス産ストライカー、初の国外移籍でプレミア挑戦か

退団を明言

退団を明言

ダルムシュタットでブレイクしたヴァーグナー photo/Getty Images

ダルムシュタットのFWサンドロ・ヴァーグナーが自身の去就について言及している。

バイエルン、ブレーメン、ヘルタ・ベルリンなどを渡り歩きながら、ブンデスリーガで輝くことができなかったヴァーグナー。しかしついに28歳にして安住の地を見つけ、それがダルムシュタットだった。今季はブンデスリーガ32試合に出場し、14ゴールを挙げ、エース級の活躍を見せている。そのため本人もステップアップを希望しており、独『sky SPORTS』でコメントしている。

「僕にとってはクラブを出たほうがいいのは明らかだ。そこにチャンスがあるからね。ブンデスリーガに残るか、イングランドに行くかは言えない。ブンデスリーガの選手がプレミアリーグに行かなければならないわけではない。ここにも素晴らしいファンがいるからね。でもプレミアリーグも良いところだ。何も除外することはないし、とりあえず見てみようじゃないか」

ドイツ人選手がイングランドに渡ることもあまり多くはないが、中でもFWとなると最近はほとんどいないに等しい。久々にプレミアリーグを沸かせるドイツ人FWが出現することになるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ