皇帝はゲッツェにリヴァプールを推薦「マリオはもっと大事にされる必要があった」

バイエルンの環境についても言及

バイエルンの環境についても言及

バイエルンでは輝ききれなかったゲッツェ photo/Getty Images

バイエルンの名誉会長を務めるフランス・ベッケンバウアー氏がマリオ・ゲッツェの移籍先について触れている。

優勝を果たしたものの、満足なシーズンを送ったとは言い難いゲッツェ。そのため、古巣のドルトムントや恩師ユルゲン・クロップ監督が率いるリヴァプールなどが移籍先に挙がっている。それについてベッケンバウアー氏が独『sky SPORTS』で言及した。

「ゲッツェの居場所はここにはないと思う。彼はユルゲン・クロップ監督の元へ行くべきだよ」とリヴァプール行きを勧めた。

また、ゲッツェのバイエルンでの日々については「彼はここで快適だと思ったことは一度もないだろうね。バイエルンには彼のことを理解してやれる人がいなかったからだ。彼がポテンシャルを完璧に発揮するには何かが欠けていたんだ。マリオはもっと大事にされる必要があったし、話してやる人がいなければならなかった」とコメントしている。

ゲッツェのバイエルン移籍は失敗だったと考える人が大半だろう。これをただの失敗にしないために次の行き先で輝いてくれることを祈りたい。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.230 アジア杯準優勝を糧にコパ・アメリカへ挑め!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ