清武だけは絶対に出したくない ハノーファーCEOが清武残留に向けて説得へ

2部への降格が決定したハノーファー

2部への降格が決定したハノーファー

ハノーファーの10番を背負う清武photo/Getty Images

先日2部への降格が決定したハノーファーは、日本人3選手の去就が気になるところだ。特に10番を背負う大黒柱の清武弘嗣の去就には注目が集まっており、すでにシュツットガルトが興味を示していると伝えられている。

しかし独『Bild』によると、ハノーファー側は来季清武と2部で戦う道を模索しているようだ。清武の移籍には650万ユーロが必要となっているが、同紙はシュツットガルトがこの額を提示するのは困難と予想しており、清武残留の可能性は充分に考えられると伝えている。また、プレミアリーグのクラブであれば650万ユーロを支払うのは可能だが、怪我の多い清武がプレミアリーグに適応できるか疑問視する向きもある。

ハノーファーのマルティン・バーダーCEOは清武を説得する考えを示しており、1部復帰へ向けて清武を手元に残しておきたい考えだ。同紙は同じハノーファーでプレイする山口螢もセレッソ大阪時代に2部でクラブのために忠実に働いていたことを紹介し、日本人の真面目さと忠誠心に期待している。

同紙はバーダーCEOには清武残留のために戦ってもらう必要があると伝えているが、ハノーファーにとって絶対欠かせない日本の司令塔は来季も10番を背負ってプレイを続けることになるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ