現10番本田に代わって元10番入ります! ミラン指揮官がボアテングをトップ下起用へ

序列が入れ替わってしまった

序列が入れ替わってしまった

ボアテングがトップ下で先発出場かphoto/Getty Images

今冬に元10番のケビン・プリンス・ボアテングがミランに加入した際、1度は日本代表MF本田圭佑のポジションを脅かす存在になるのではと不安視された。しかし本田はシニシャ・ミハイロビッチの信頼を完全に勝ち取り、ジャコモ・ボナベントゥーラとともに絶対欠かせない存在となった。その序列が逆転することになるかもしれない。

伊『Football ITALIA』によると、ミハイロビッチに代わって指揮を執るクリスティアン・ブロッキがボアテングのトップ下起用をトレーニングでテストしているという。前節のサンプドリア戦ではボナベントゥーラがトップ下に入って1アシストを記録していたが、21日のカルピ戦ではボアテングがトップ下に入る可能性がある。

その場合はボナベントゥーラが3センターの一角に入ると予想されており、ミランは前節以上に攻撃的なスタンスで試合に臨むことになるかもしれない。ボアテングはトップ下でのプレイに慣れており、過去にミランの10番を背負っていた際にもトップ下で輝きを放っていた。

今のところトップ下の序列がボナベントゥーラ、ボアテング、本田の順番になっており、元10 番と現10番の立ち位置が完全に入れ替わってしまったようだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ