ヘルタ原口、全得点に絡む活躍で初のMOM! 現地メディアはインゴルシュタット戦の原口に最高点

今季日本人のMOMは3人目

日本代表MF原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは19日、ブンデスリーガ第27節でインゴルシュタットと対戦し2-1で勝利した。右サイドハーフの位置で先発出場した原口は54分に先制ゴールを奪うと、69分にはFWカルーのゴールをアシストしヘルタの全得点に絡む活躍を見せた。

この活躍ぶりから原口は、ブンデスリーガの公式サイトが発表したマン・オブ・ザ・マッチに選出された。浦和レッズからブンデスリーガのヘルタに活躍の場を移して2シーズン目となる原口だが、マン・オブ・ザ・マッチを獲得するのは今回が初めてだ。今季、日本人選手がマン・オブ・ザ・マッチに選出されたのはハノーファーの清武弘嗣、マインツの武藤嘉紀に続いて3人目となる。またドイツ『Bild』による試合後の採点(ドイツ紙は1が最高点、6が最低点)では、両チームを通じて最高点となる「2」を獲得。試合後に原口は「今日は本当にうれしい。今季2ゴール目だけでなく、1アシストもした。一回り成長して代表に合流できる」とコメントした。

原口の活躍で3位をキープしたヘルタは、また一歩来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場に近づいた。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ