マンUで“逆”不敗神話を持つ男! フェライニが出場しなかった試合は無敗であることが判明

出ない方が好成績

出ない方が好成績

ニューカッスル戦でのフェライニ photo/Getty Images

12日のニューカッスル戦で3得点を奪いながら引き分けてしまったマンチェスター・ユナイテッド。久しぶりに攻撃陣が奮闘しただけに、勝ち点3を逃したことは痛い。そんな中、英『デイリー・メール』は1人の選手を意外な理由で戦犯に挙げた。

それは先発出場したベルギー代表MFマルアン・フェライニだ。なんの偶然か、マンUは今季フェライニが出場しなかった試合では1度も負けていない。今季のリーグ戦でフェライニが出場しなかった試合は10試合あり、成績は7勝3分だ。一方で、出場した11試合の成績は2勝4分5敗だ。

もちろんフェライニには高さがあるため、負けている展開で投入されるパワープレイ要員であることも関係しているのだろう。ただし、その成果がほとんど出ていない。このうちフェライニが先発したのは今回のニューカッスル戦を含めて4試合あるが、無得点に終わった試合が2つもある。

中盤にバスティアン・シュバインシュタイガーとモルガン・シュナイデルランの即戦力2名が加入したこともあり、フェライニは前線で体を張る仕事がメインとなっている。本職とは少し違う役割となっているのは気の毒だが、フェライニが出ていない試合で負けが1つもないのは気にかかる。

果たして次節のリヴァプール戦でフェライニを起用すべきなのか。ジンクス的に考えると出さない方が良いのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ