「チチャリートを手放すべきではなかった」ユナイテッドOBがファン・ハールの重大なミスだと指摘

得点力不足に悩むユナイテッド

得点力不足に悩むユナイテッド

レヴァークーゼンで活躍するハビエル・エルナンデス photo/Getty Images

元イングランド代表でマンチェスター・ユナイテッドのOBであるレイ・ウィルキンス氏は、ハビエル・エルナンデスをレヴァークーゼンに売却したことが重大なミスだったと指摘し、ルイ・ファン・ハールを批判した。

チチャリートという愛称で親しまれているハビエル・エルナンデスは今季、長らく過ごしたマンチェスター・ユナイテッドを離れてレヴァークーゼンに加わると、ブンデスリーガで14試合に出場し11ゴールを記録。ボルシアMG戦ではハットトリックを達成するなどの活躍を見せている。この活躍を受けて、レイ・ウィルキンス氏は「ドイツでの活躍を見ると黙ってはいられない」と口を開いたという。英『talksport』が伝えている。

そして「彼は27歳という年齢で800万から1000万ポンドで引き抜かれた。彼のようなタレントを本当は手放すべきではなかった」とコメントした。第19節のチェルシー戦でもスコレスに終わり、得点力不足で苦悩するユナイテッドにとっては、放出したストライカーの活躍ぶりが輝いて見えるに違いない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ