ハリル、批判に皮肉たっぷり「W杯に進んだ方が批判のチャンスが多いでしょう?」

ハリルホジッチ監督はどう出るのか photo/Getty Images

時折ユーモアを交えつつ語る

日本サッカー協会(JFA)は24日、ロシアW杯・アジア最終予選オーストラリア戦に向けてのメンバーを発表。怪我でコンディションに不安を抱える選手が多いなか、27名の選手を招集したことを明らかにした(最終的な登録メンバーは23名)。

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、初戦でシンガポール相手にドローと躓き、6月のイラク戦でも先制しながら勝ちきれなかったため、決して小さくない批判にさらされてきた。ハリル監督自身もそうした状況に納得が行っていないようで、会見中にはたびたび皮肉が飛び出した。

「いろいろな意見があるが、どうやら代表監督より知識のある方がたくさんいらっしゃるようだ。幸運なことに、私はそういった意見に耳を貸していないし、オーストラリアの状況も把握しながら、冷静に準備を進めていきたい」

「チームがW杯に行けると信じることだ。落ち着いて、ナーバスな姿を見せないことが重要だ。選手の才能や可能性を信じなければ。考えすぎるのではなく、常にポジティブに、自分たちは首位にいるのだと考えたい。私のことを批判したい人も、W杯に進んだ方が批判するチャンスが増える。その方がいいでしょう?」

あくまで強気に、自身への批判を皮肉ってみせたハリル監督。今回は久々の招集となった武藤嘉紀、C大阪で結果を出す杉本健勇などFW登録で9名の選手を招集し、勝ちに行く姿勢がうかがえる。同監督の判断は正しかったのか否か、答はあと2試合で出される。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.189 ついに突入した欧州5大リーグ時代の勢力地図
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ