仏の”名門”も認める酒井宏樹の能力 サポーターが選ぶ2016年ベストプレイヤーランクで6位に

gettyimages-617558860-compressor

マルセイユの酒井 photo/Getty Images

日本代表不動の右サイドバックへ

2016年6月にマルセイユへ移籍した日本代表DF酒井宏樹は、フランスでどう評価されているのか。それが分かるのが、仏『La Provence』がサポーターを対象に実施した「2016年ベストプレイヤー」投票だ。

この投票で酒井は7・5%の票を獲得し、6位に入っている。酒井は2016-17シーズンの開幕戦となった8月のトゥールーズ戦から先発フル出場を果たすなど順調なスタートを切っていたが、そのパフォーマンスはサポーターのハートをしっかり掴んでいたようだ。ここまで18試合に出場しており、指揮官リュディ・ガルシアからも信頼されている。

その他の選手を見ると、今回のアンケートでは1位にニューカッスルからレンタルでマルセイユに度々復帰しているMFフロリアン・トヴァン、2位はまだ19歳のMFマキシム・ロペス、3位には今夏クリスタル・パレスへと移籍したGKスティーブ・マンダンダ、4位に現在チームトップの10得点を挙げているFWバフティンビ・ゴミス、5位には2015-16シーズンに23得点を挙げ、夏にチェルシーに移籍したFWミッチー・バチュアイが選ばれている。

こうした面々を見ても、酒井の6位は良い順位と言える。近年はPSGがフランスを支配しているものの、マルセイユもフランスを代表する名門クラブだ。そこでポジションを守り、サポーターからも評価されている酒井は良い1年を過ごしたと言えるのではないだろうか。2017年もこの活躍を続け、日本代表でも不動の存在となりたいところだ。

あなたへのオススメ記事

関連記事

人気記事ランキング

ランキングをもっと見る

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.182 欧州CLラウンド16全マッチ予想

PSGにメッシ封じの秘策アリ!! 変則フォーメーションへの対処法/次々にタレントを創出するドルトムント 若手の積極起用でラウンド16突破へ/打倒レアルへ ナポリが敢行すべき戦術はコレだ!/またしても強敵引き当てたアーセナル 求められるのは安定性とプランB/鍵を握るのはプレッシング どちらの守備戦術が相手を凌駕するのか!?/守備に不安を抱えるシティはストロングポイントで勝負せよ!/イタリア最後の砦ユヴェントス UCLベスト8進出は至上命題/番狂わせへの唯一の道は奇跡を起こしたあの正攻法!

theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

記事アーカイブ