最新のセットプレイはアジアで生まれている! 伊紙が東福岡のトリックFKを取り上げる

斬新な手法でGKの視界を遮った東福岡

斬新な手法でGKの視界を遮った東福岡

17年ぶり3度目の優勝を果たした東福岡 photo/Getty Images

11日に行われた第94回全国高校サッカー選手権の決勝戦、東福岡と国学院久我山の一戦で東福岡の面白いフリーキックが見られた。後半開始直後にフリーキックのチャンスを得た東福岡は、抜群のキック精度を持つ主将MF中村健人がボールをセット。その前に3人の選手がボールとキッカーを隠すように並び、主審の笛と同時に息を合わせて1歩ずつ後ずさりをしていく。そして中村のキックと共にその3人がしゃがみ込み、中村の蹴ったボールはゴール左隅に突き刺さった。恐らくあの3人がいなければGKの平田周も反応できたはずで、ボールが見えなかったおかげで反応が大幅に遅れてしまっていた。

このフリーキックは斬新な手法だと世界でも話題になり、伊『トゥットスポルト』が動画で紹介している。同メディアは、最新のトリックプレイはアジアから生まれている!と目新しいやり方に驚いており、高校生が見せた斬新なセットプレイは面白いやり方だと評価されている。

確かにクリスティアーノ・ロナウドのように強力なキックを持つキッカーがいればあのようなアイディアは思いつかず、普通に蹴らせるばかりになるかもしれない。個人の力ではなく、フリーキックをチームでどうやってゴールに結びつけるに焦点を置いた日本人らしいチームプレイと言えるだろう。

キッカーを務めた中村は「決勝戦まで取っておいた」と語っていたが、今年夏に行われるEURO2016でサプライズとして採用するチームも出てくるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.189 ついに突入した欧州5大リーグ時代の勢力地図
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ