チェルシーに所属する17歳FWエステヴァンが遂にブラジル代表デビューか 9月のW杯予選に招集される可能性

ブラジル代表デビューが期待されるチェルシーFWエステヴァン photo/Getty images

チェルシーへの合流は2025年7月

ブラジルの若き怪物がA代表デビューを飾る可能性がある。

スペイン『AS』によると、ブラジルサッカー協会は9月に行われるW杯予選の代表メンバーに、チェルシー所属の17歳FWエステヴァン・ウィリアンを招集する可能性があるという。同国サッカー協会は、エステヴァンの才能をこれまでにないものと高く評価しており、招集を前向きに検討しているようだ。

現在17歳のエステヴァンはパルメイラスのU-20出身の選手。2023年12月にトップチームデビューを果たすと、2024年は公式戦25試合出場で6ゴール4アシストを記録するなど活躍。左利きで右ウイングを主戦場とし、そのプレイスタイルがアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを彷彿とさせることから、メッシーニョの愛称で親しまれており、今では世界中が注目する若手選手となっている。
そんなエステヴァンは先月22日にチェルシーへの移籍が正式に発表されたが、現在はブラジルのパルメイラスでプレイ。チェルシーへの合流はFIFAクラブワールドカップ2025出場後の2025年の7月となっているようだ。

既にブラジル代表ではレアル・マドリードへの移籍が決定している17歳FWエンドリックが代表デビューを果たしているが、エステヴァンもそれに続くことができるのだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ