マンCとスペイン代表合わせて“5321分間”もプレイ 忙しすぎるMFロドリの稼働率

スペイン代表でも中盤の柱であるロドリ photo/Getty Images

2023-24シーズンは62試合もこなしている

試合を重ねるごとに評価を上げ、EURO2024でも優勝候補筆頭との声が出てきたスペイン代表。そのチームの中盤で絶対欠かせないのがMFロドリだ。

マンチェスター・シティでも不動の存在であるロドリは、ジョゼップ・グアルディオラの指導もあって世界最高クラスのアンカーへと成長。代表でもクラブでも代わりが見当たらないため、ロドリはかなり忙しいシーズンを過ごしている。

2023-24シーズンはマンCでリーグ戦34試合、チャンピオンズリーグ8試合、FA杯4試合、さらにはクラブワールドカップ、UEFAスーパーカップ、コミュニティ・シールドと計50試合をこなした。出場時間は4327分に達し、そこで守備的MFながら9ゴール14アシストの成績を残している。
その忙しさはスペイン代表でも変わらず、2023-24シーズン開幕から代表戦は12試合こなしている。これらを合わせると、ロドリは62試合で5321分間をこなしてきたことになる。この疲労が新シーズンに悪影響を与えないか心配ではある。

それでもロドリだけは外せない。今大会のEUROでは決勝トーナメント1回戦のジョージア戦で相手に先制を許すまさかの展開となったが、ロドリが左足ミドルで同点弾を記録。嫌な展開になっても落ち着きを崩さないところにロドリの凄さがあり、スペインの中盤をコントロールできる存在はロドリしかいない。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ