問題だらけだったイタリア代表の敗北劇 クオリティ低下した中盤、キエーザ頼みのサイドなど2026W杯へ課題多く

ベスト16で敗れたイタリア代表 photo/Getty Images

スイス戦は内容も完敗だった

EURO2024・ベスト16でスイス代表に完敗し、EURO連覇とはならなかったイタリア代表。スイス戦は内容的にも完敗で、良いところはほとんどなかった。

果たしてどこに問題があったのか。『Get Football News Italy』は、あらゆる点がチグハグだったとルチアーノ・スパレッティ率いるアズーリを振り返る。

「まず第一に、アズーリの選手たちはそれほど優秀ではなかった。チーム全体のクオリティが欠けていた。監督だけではチームの経験不足を補うことはできない。ジョルジョ・キエッリーニ、レオナルド・ボヌッチの代表引退はスパレッティのせいではない」
「中盤は前回大会ほどのクオリティがなかった。マルコ・ヴェッラッティはもういないし、信頼できる選手はニコロ・バレッラくらいだ。最終ラインではアレッサンドロ・バストーニ、リッカルド・カラフィオーリ、アレッサンドロ・ボンジョルノがいたが、彼らは非常に似たセンターバックだ。右センターバックのエリアは問題だった」

また、ワイドから仕掛ける選手が不足していたとも指摘されている。サイドからの突破はフェデリコ・キエーザに頼っている部分が多く、他のオプションはステファン・エル・シャーラウィくらいだ。

2023-24シーズンにナポリでリーグ戦8ゴール7アシストを記録したFWマッテオ・ポリターノ、ボローニャでリーグ戦10ゴール2アシストを決めたFWリッカルド・オルソリーニといった選手も、招集できていればオプションになったかもしれない。

次の目標は2026ワールドカップ出場権獲得となるが、スイス戦の内容はショックが大きい。世界トップとの差は明らかに開いており、やるべきことはまだまだありそうだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ