ジョアン・フェリックスは来季もバルセロナでプレイできるのか 不透明な去就について語る 「私はバルサを愛しているし……」

今夏の去就が注目されている photo/Getty Images

44試合で10ゴール6アシスト

現在、アトレティコ・マドリードからバルセロナにローン移籍中のポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(24)は来シーズンもバルセロナでプレイしたいと語った。

昨シーズンにバルセロナにやってきたフェリックスは今シーズン、公式戦44試合に出場し、10ゴール6アシストを記録。出場時間は2143分と限られてはいたが、その中で存在感を発揮。随所に光るプレイも見せた。そんなフェリックスの去就は不透明となっているが、同選手はバルセロナ愛を再び話している。

「私はバルサを愛しているし、ここに残りたい。私はレンタル移籍をしているから、僕次第というわけではない。私はバルサが大好きで、子供の頃からの夢のクラブに残りたいんだ。他にもいろいろなことに左右されるし、どうなるかは見てみないとわからない」(『Nude Project』より)
来シーズンもバルセロナでプレイすることを「願っている」と語ったフェリックス。アトレティコは完全移籍を望んでいるが、財政難のバルセロナはもう1シーズンのレンタル延長を希望しているという噂もあり、フェリックスの去就が決まるまではもう少し時間がかかるだろう。

ハンジ・フリックを新監督に迎え、新たにチーム作りを行うバルセロナ。クラブへの愛を再び宣言したフェリックスは来シーズンもバルセロナのユニフォームに袖を通すことはできるのか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ