アトレティコはトッテナムのホイビュア獲得を再燃? 様々なクラブが注目する守備的MFは今夏こそ退団か

今夏にトッテナム退団か photo/Getty Images

昨夏も移籍の可能性があった

アトレティコ・マドリードはトッテナムに所属するデンマーク代表MFピエール・エミール・ホイビュアの獲得を再燃させているようだ。英『Daily Mail』が報じている。

2020年よりトッテナムでプレイするホイビュアはこれまでトッテナムで安定した出場時間を確保してきたが、アンジェ・ポステコグルー新監督が就任した今シーズンは出場時間が激減した。昨シーズンは44試合に出場し、5ゴール7アシストを記録。出場時間も3894分を記録していたが、今シーズンは1480分の出場に留まっている。試合数自体は39試合と少なくはないが、スタメンは10試合のみと限定的な出場に留まった。

今夏には契約は残り1年となるホイビュアは出場機会を求め、移籍をすることにも前向きのようで、昨夏や今冬同様に多くのクラブが注目しているようだ。守備的MFを探すアトレティコだけではなく、フラムやユヴェントス、ナポリといったクラブも同選手を1年間監視しているとのこと。さらにジョゼ・モウリーニョ氏が新監督に就任したフェネルバフチェも興味を示しているクラブだという。
様々なクラブが興味を示しているホイビュアの移籍金は1500万ポンド(約30億円)ほどと考えられているようだが、アトレティコは同選手の獲得を熱望しているようだ。今夏の退団の可能性が高いホイビュアの去就に注目だ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ