久保建英は《現世界最高の右ウイングTOP10》に入る サカ、サネ、サラーらと堂々ランクイン「ソシエダで居場所を見つけた」

ソシエダで躍動する久保 photo/Getty Images

世界から認められるウイングに

右に流れたところから仕掛けるMF久保建英のプレイは、レアル・ソシエダでも見慣れたものとなった。今季はダビド・シルバの引退、なかなかフィットしないセンターフォワード問題など難しいところもあったレアル・ソシエダ攻撃陣だが、久保はリーグ戦で7ゴール4アシストを記録するなどチームを懸命に引っ張ってきた。

その評価は世界的に上昇していて、英『FourFourTwo』は『現世界最高の右ウイングTOP10』の9位に久保をリストアップしている。

「久保建英はレアル・ソシエダで自分の居場所を見つけたようだ。今季のラ・リーガでは7ゴール4アシストを記録し、チームのトップ6入りに欠かせない存在となった」
同メディアはこのように今季の久保を評価しており、世界的に認められた右ウイングとなっている。今季はチャンピオンズリーグの戦いも経験することができ、充実のシーズンとなったのではないか。

10位:シャビ・シモンズ(ライプツィヒ)

9位:久保建英

8位:マイケル・オリーセ(クリスタル・パレス)

7位:ラミン・ヤマル(バルセロナ)

6位:リオネル・メッシ(インテル・マイアミ)

5位:ウスマン・デンベレ(パリ・サンジェルマン)

4位:レロイ・サネ(バイエルン)

3位:ロドリゴ・ゴエス(レアル・マドリード)

2位:モハメド・サラー(リヴァプール)

1位:ブカヨ・サカ(アーセナル)


同メディアが選んだTOP10はこのようになっており、右サイドから仕掛けることを得意とするレフティーアタッカーが多くランクインしている。1位のサカは久保と同じ2001年生まれの22歳だが、今季はプレミアで16ゴール9アシストと躍動。すっかりプレミアを代表する右ウイングとなっていて、その実力はワールドクラスだ。数字の面では久保が目指すモデルとも言えそうで、来季目指すはリーグ戦での二桁得点となる。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ