セルティックで“18ゴール13アシスト”決めたMFが代表メンバー外…… EUROへ話題呼ぶデンマークの代表選考

セルティックで大活躍だったオライリー(写真奥) photo/Getty Images

代表監督はプレミアリーグの選手を信頼

今季スコットランド国内リーグを制したセルティックで18ゴール13アシストと文句のつけようもない成績を残したMFマット・オライリーだが、先日発表されたEURO2024へ向けたデンマーク代表メンバーから落選した。

気になるのは、スコットランドリーグでの成績をどう判断したかだ。デンマーク代表を率いるカスパー・ヒュルマンドが今回の代表選考で選んだセントラルMFは6人。そのうち4人をイングランド・プレミアリーグから選んでいて、ここはリーグレベルを考慮したところがあるのかもしれない。

プレミアリーグでプレイする選手ではブレントフォードからクリスティアン・ノアゴール、マティアス・イェンセン、トッテナムからピエール・エミール・ホイビュルク、マンチェスター・ユナイテッドから司令塔のクリスティアン・エリクセンの4人が選出。
他には、長くデンマーク代表を支えてきたアンデルレヒト(ベルギー)所属のトーマス・デラネイ、今季のポルトガルリーグを制したスポルティングCPよりモルテン・ヒュルマンドが選出されている。

デラネイ、エリクセン、ホイビュルク、ノアゴールといった選手は長く代表で戦ってきた選手で、監督のヒュルマンドとしては23歳と若いオライリーよりも彼らの方が信頼しやすかったのかもしれない。

英『BBC』もオライリーが落選したことに驚いているが、これだけの成績を残してもメンバーに入れないのはショックが大きいだろう。オライリーにはステップアップの噂もあるが、確実にデンマーク代表へ入るには5大リーグで結果を残すしかないか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ