チェルシーで唯一、今季50試合以上出場の大黒柱を売却!? ジョー・コール氏がそれに待ったをかける

解説者としても豊富な知識を発揮 photo/Getty Images

類い稀なテクニックとシュートセンスで魅了した中盤のレジェンド

イングランド代表のレジェンドであるジョー・コール氏が、『talkSPORT』のインタビューで古巣チェルシーのコナー・ギャラガーの売却に反対の意思を表した。

ブルーズは、先日マウリシオ・ポチェッティーノ監督を解任し、レスターのエンツォ・マレスカ監督との契約が確実視されている。レスター・シティをプレミアリーグへ昇格させたこのイタリア人監督の実績から、来季のチェルシーの復活に大きな期待が寄せられるが、クラブはこの監督の初シーズンを成功させるために移籍において支援することも忘れていないだろう。

そして移籍情報が活発化する中で、今後の動向が不透明なギャラガーについて、コール氏は「もし私がチェルシーのオーナーの前に座っていたら、コナーが間違いなくロッカールームで重要な選手だと言うだろう」と語った。「彼はクラブのことを理解している。困難な時期にこそ選手の真価がわかるもので、彼がチームを牽引してくれていた」。コール氏が語る通り、ギャラガーは2023−24シーズン、このクラブで50試合以上出場した唯一の選手である。
コール氏は「経済面のことは理解していないが、純粋にサッカーの観点から言えば、彼を引き止めることは極めて重要だと思う」と最後に念を押し、来シーズンのチェルシーの活躍を期待して助言を終えた。

果たしてコール氏の言う通り、ギャラガーはマレスカ監督が構想する新チームのメンバーに名が挙がっているだろうか。今後の動向に注目したい。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ