ボーフム退団が決まった日本代表FW浅野拓磨は新たな挑戦へ 「次のステップへ進みたい」

今季限りでボーフム退団となる浅野拓磨 photo/Getty images

今季は公式戦32試合に出場し、7ゴール1アシスト

日本代表FW浅野拓磨は次なるステップへ進むようだ。

31日、Vflボーフムは公式ウェブサイトを通して、FW浅野拓磨の今季限りでの退団を発表。今回、同クラブは今季終了とともに退団する選手を一挙に10名発表しており、そのうちの1人として浅野も名を連ねていた。

今季16位に終わったボーフムは、2部フォルトゥナ・デュッセルドルフと昇格・降格入れ替え戦プレイオフで対戦。同クラブはホームで0-3と大敗も、アウェイでの2戦目で3-3と巻き返し、PK戦を制して劇的残留。浅野はそのプレイオフ2戦目で右WBとして途中出場しており、チームを活性化するなど存在感を示し、残留に大きく貢献していた。
そんな現在29歳の浅野は、2021年夏にボーフムに加入。公式戦通算90試合に出場し、14ゴール7アシストを記録。3シーズン目となった今季は公式戦32試合に出場し、7ゴール1アシストの成績を残していた。今季好成績を残していた同選手に対しては、クラブ側も契約延長オファーを出していたが、浅野自身が新天地を求める決断に至ったという。

これまでボルシア・メンヘングラードバッハをはじめとするドイツ1部の複数クラブから興味を示されてきた浅野。今季最終戦後には「次のステップに進みたい気持ちがある。成長できるチームに行きたい」と話していたが、新天地はどのクラブになるのだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ